TAKUTO KUDO (工藤拓人)

 

北海道札幌市出身。ピアニスト /キーボーディスト / 作編曲家。

ジャズピアニストとしてはSAPPORO CITY JAZZのコンテストにて優勝し二度カナダトロントジャズフェスティバルに出場。
2017年12月に自身のバンド「オノマトペル」を結成、2018年9月にEP「ツベラコベラ物語」をリリースし、TOWER RECORDSにて全国展開。ライブツアーをしながら音楽制作、CM音楽などを提供。

作編曲家としては、弦楽四重奏(バイオリン、ビオラ、チェロ)を組み込みクラシック音楽とポップス音楽を巧妙にブレンドさせた作風を始め、エレクトロニカのような電子音楽にも通ずるアレンジも依頼が多い。幅広いジャンル・サウンドを通して、メジャーアーティストへの編曲なども行う。

演奏家としてもジャズ、JPOP、R&B、EDMなど、多岐にわたるジャンルのミュージシャンの演奏を支え、全国ツアーなどをサポートする。